NYLON

劇団力

 

 先日、ナイロン100℃の「ちょっと、まってください」を観た。シュールなナンセンスな会話たち。まるで別役実へのオマージュのような会話。別役実ファンの私にとってはたまらない会話劇。それにカフカの世界を思わせるような行き場のない世界。さらには、懐かしい(私にとって)フォークソングの数々!これらのケラさんの皮肉交じりの仕掛けは本当に面白かった。

 だが、私が一番感心したのは全体が醸し出す空気感。劇団力とでも言おうか、全員が確実に同じ方向を向いていなければ醸し出すことのできない空気感!ここが劇団公演の素晴らしさであり、ナイロン100℃の劇団力の高さを示しているのではないかと感じた。